テクニカルサポート

Mozilla Thunderbird 31のアカウント設定方法

こちらでは、Windows8.1のパソコンを使ってMozilla Thunderbird 31の設定を案内しています。パソコンのOSの違いによっては、表示される画面が異なる場合がございます。また、ソフトウェアは随時更新されますので、インストールされる時期によってソフトウェアのヴァージョンが異なります。

設定例
名前 金城 太郎
アカウント k-taro
メールアドレス k-taro@nirai.ne.jp

アカウント設定方法では、上記メールアカウントを例にご案内致します。実際に使用するメールアドレス、アカウント、パスワードについては「電子メールアカウント通知のご案内」に記載されていますのでご確認ください。

  1. Thunderbirdを起動し、「新しいアカウント作成」項目の「メール」をクリックします。出てきた画面下部にある「メールアカウントを設定する」をクリックします。
  2. 設定方法01

    設定方法01-2
  3. 上記方法で設定画面を表示できない場合は、Thunderbirdを起動し、メニューバーの「ツール(T)」から「アカウント設定(S)」をクリックします。(メニューバーがない場合は、画面上部のメールツールバー付近を右クリックして、右クリックメニュー内の「メニューバー(M)」をクリックしメニューバーを表示させます)
    出てきた画面左下にある「アカウント操作」をクリックし「メールアカウントを追加」をクリックします。
  4. 設定方法02

    設定方法02
  5. 「あなたのお名前(N)」には送信先に表示される名前を入力します。(好きな文字で構いません)「メールアドレス(L)」には使用するメールアドレスを入力します。「パスワード(P)」には使用するメールのパスワードを入力して、「続ける(C)」をクリックします。
  6. 設定方法03
  7. Thunderbirdが自動でアカウント設定を検索します。設定結果が表示されたら「完了(D)」をクリックします。
  8. 設定方法04
  9. アカウント設定が自動で検索されない場合は「手動設定(M)」をクリックし、以下の内容を再度入力して「再テスト」をクリックします。
  10. サーバのホスト名ポート番号SSL認証方式
    受信サーバPOP3pop.nirai.ne.jp110接続の
    保護なし
    通常の
    パスワード認証
    送信サーバSMTPsmtp.nirai.ne.jp25STARTTLS通常の
    パスワード認証
    設定方法05
  11. 「接続する上での危険性を理解しました(U)」にチェックを入れ、「完了(D)」をクリックします。
    ※暗号化された接続を行う場合でも、設定を一度完了させてから暗号化接続の設定を行います。
  12. 設定方法06
  13. 暗号化された接続を設定するには以下の設定を行って下さい。

ページトップへ

暗号化された接続の設定

  1. 設定したいアカウントを右クリックし、右クリックメニューから「設定(E)」をクリックします。
  2. 設定方法07
  3. 画面左の「サーバ設定」を選択し、以下の内容に設定を変更します。
  4. ポート(P)接続の保護(U)認証方式(I)
    995SSL/TLS通常のパスワード認証
    設定方法8
  5. 画面左の「送信(SMTP)サーバ」を選択します。設定したい送信サーバを選択し、「編集(E)」をクリックします。
  6. 設定方法9
  7. 以下の内容に設定を変更します。
  8. ポート番号(P)接続の保護(N)認証方式(I)
    465SSL/TLS通常のパスワード認証
    設定方法10
  9. 「OK」ボタンをクリックし、各画面を閉じて、設定が完了です。

このページの先頭へ戻る