設定例  
名前 金城 太郎
アカウント k-taro
メールアドレス k-taro@nirai.ne.jp

Microsoft Outlook 2016のアカウント設定方法

  • Outlook2016では標準の設定で「外部プロバイダ経由でniraiメールを送信する(SMTP-AUTH、SMTP over SSLの設定)」「高セキュリティのメール受信(POP over SSLの設定)」になっています。
  • ギガにらい光回線でも、同じ設定でメールの送信が可能です。
  1. 「Outlook 2016」を起動する。Windows10の場合は、画面左下の「スタート」からアルファベット「O」欄にある「Outlook2016」を起動する
  2. 画面左上の「ファイル」をクリック
  3. 「情報」メニュー内の「アカウント設定」から「アカウント設定(A)」をクリック
  4. 「新規(N)」をクリック
  5. 「Outlookへようこそ」画面では、メールアドレスを入力し(この設定例ではk-taro@nirai.ne.jp)詳細オプションの「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックを入れ、「接続」をクリック
  6. 「アカウントの種類を選択」画面では、「POP」をクリック
  7. 「POPアカウントの設定」画面では、以下の内容を確認し、「次へ」をクリック
    受信メール
    サーバーpop.nirai.ne.jp
    ポート995
    このサーバーでは、暗号化された接続(SSL/TLS)が必要チェックを入れる
    セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要チェックを外す
    送信メール
    サーバーsmtp.nirai.ne.jp
    ポート465
    暗号化方法SSL/TLS
    セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要チェックを入れる
  8. パスワードを入力し、「接続」をクリック
  9. 「次のサーバーのアカウント名とパスワードを入力してください。」画面が出たら、以下の内容を確認し「OK」をクリック
    サーバーpop.nirai.ne.jp
    ユーザー名(U)電子メールアドレスの「@」より左側の文字
    (設定例では「k-taro」)
    パスワード(P)「*」で表示
    パスワードをパスワード一覧に保存する(S)チェックを入れる
  10. 「アカウントのセットアップが完了しました」画面が出たら、「Outlook Mobileをスマートフォンにも設定する」のチェックを外し「OK」をクリック

    ※エラーが出て完了できない場合は、下記「エラーが出た場合」へ

エラーが出た場合

  1. アカウント設定で「問題が発生しました」とエラーが出た場合は、「アカウントの種類の変更」をクリックし、再度アカウント設定を行う
  2. アカウント設定を繰り返しても改善しない場合は、受信メールの設定を以下の内容に変更する
    受信メール
    サーバpop.nirai.ne.jp
    ポート110
    このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要チェックを外す
    セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要チェックを外す

アカウント設定の確認方法

  1. 「Outlook 2016」を起動する。Windows10の場合は、画面左下の「スタート」からアルファベット「O」欄にある「Outlook2016」を起動する
  2. 画面左上の「ファイル」をクリック
  3. 「情報」メニュー内の「アカウント設定」から「アカウント設定(A)」をクリック
  4. 変更するアカウントを選択し「変更(A)」をクリック
  5. 以下の内容が設定されているか確認し、「詳細設定」をクリック
    名前(Y)送信時、相手に表示される名前
    (設定例では「金城 太郎」)
    電子メールアドレス(E)設定された電子メールアドレス
    (設定例では「k-taro@nirai.ne.jp」)
    アカウントの種類(A)POP3
    受信メールサーバー(I)pop.nirai.ne.jp
    送信サーバー(SMTP)(O)smtp.nirai.ne.jp
    アカウント名(U)電子メールアドレスの「@」より左の文字
    (設定例では「k-taro」)
    パスワード(P)パスワード(「*」で表示)
    パスワードを保存する(R)チェックを入れる
    メールサーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応している場合には、チェックボックスをオンにしてください(Q)チェックを外す
  6. 送信サーバータブでは、以下の内容が設定されているか確認
    送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O)チェックを入れる
    受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)選択
  7. 詳細設定タブでは、以下の内容が設定されているか確認し、「OK」をクリック
    受信サーバー(POP3)(I)995
    このサーバーでは、暗号化された接続(SSL/TLS)が必要チェックを入れる
    送信サーバー(SMTP)(O)465
    使用する暗号化接続の種類(C)SSL/TLS
  8. 「次へ」をクリック
  9. テスト送受信が成功したら「閉じる」をクリック
  10. 「完了」をクリック

Microsoft Outlook 2016のメールをサーバーに残さない設定

  1. 「Outlook 2016」を起動する。Windows10の場合は、画面左下の「スタート」からアルファベット「O」欄にある「Outlook2016」を起動する
  2. 画面左上の「ファイル」をクリック
  3. 「情報」メニュー内の「アカウント設定」から「アカウント設定(A)」をクリック
  4. 変更するアカウントを選択し「変更(A)」をクリック
  5. 詳細設定タブでは、「サーバーにメッセージのコピーを置く(L)」のチェックを外し、「OK」をクリック
  6. 「次へ」をクリック
  7. テスト送受信が成功したら「閉じる」をクリック
  8. 「完了」をクリック

Microsoft Outlook 2016のメールをサーバーに残す設定

  1. 「Microsoft Outlook 2016のメールをサーバーに残さない設定」と同じ操作で、詳細設定タブを開く
  2. 「サーバーにメッセージのコピーを置く(L)」のチェックを入れる。一定期間メッセージをサーバーに残した後に削除する場合は、「サーバーから削除する(R)」に日数を設定(初期設定では14日後)

メールサーバーの容量を確認する方法

現在メールサーバーの容量がどのぐらい残っているか確認するには「にらいWEBメール」へログインします。

▲ページトップへ

Copyright©2006-2019 沖縄ケーブルネットワーク株式会社
ocnホームページ google ocnサイト検索

WWWを検索サイト内を検索
ご加入者様はこちらから ユーザーページへ
サイトマップ お問い合わせ 会社概要 English