地上デジタル放送、ハイビジョン放送対応のケーブルテレビサービス

地上デジタル放送、ハイビジョン放送対応のケーブルテレビサービス/ユーザページ

インターネット ケーブルスマートテレビ ケーブルプラス電話
3Dブルーレイディスク・HDD内蔵録画機能付きSTBトップページ

ブルーレイディスク・HDD内蔵STB

取り扱い機器について

ブルーレイディスク・HDD内蔵STBの機種はPnasonic TZ-BDT920PW、TZ-BDT910P、TZ-BDW900Pの3機種になります。レンタルにてご利用されるお客様につきましては、どちらかの機種の設置となります。

TZ-BDT920PW製品ページへ
TZ-BDT910P製品ページへ
TZ-BDW900P製品ページへ

月額利用料金について

※ご利用にはセットトップボックスの交換工事が必要です。手数料3,240円(税込)がかかります。

重要注意事項

デジタル放送のダビング制限とSTBの取り扱いについて

  1. デジタル放送のほとんどの番組には、不正なダビングを防止し著作権を保護するため、「ダビング10」または「一回のみ録画可」(コピーワンス)または「録画不可」の録画制限があります。一回のみ録画可(コピーワンス)の番組は内蔵HDDに録画できますが、録画不可の番組は録画できません。一回のみ録画可(コピーワンス)の番組を内蔵HDDに録画した場合、ダビングまたは転送すると、HDDの番組は消去されます。
  2. ブルーレイディスク・HDD内蔵STBは、ダビング10対応機器となります。内蔵HDDに録画したダビング10の番組は、i-Link端子やLAN接続で、メーカーが動作確認した録画機器(レコーダー)に接続した場合、コピー9回+ムーブ1回の動作が可能となります。録画機器にダビングした映像はコピーワンスとなります。
  3. 録画機能付きSTBのハードディスク内に録画・編集された映像・音声等のすべてのデータは、その損失・破損について原因の如何を問わず沖縄ケーブルネットワーク株式会社で補償いたしません。
  4. 解約や修理、その他の理由により録画機能付きSTBをお客様から引き取る際、お客様はハードディスク内にあるデータの一切の権利を放棄するものとします。沖縄ケーブルネットワーク株式会社ではバックアップや補償を行いませんので、予めご注意ください。
  5. 録画機能付きSTBを利用している加入者が、加入者の都合により視聴を休止される場合には、録画機能付きSTBの撤去または録画機能が付かないSTBへの交換をします。交換・回収の費用は加入者負担とします。

ブルーレイディスク・HDD内蔵STBの注意事項

  1. ブルーレイディスク・HDD内蔵STBは、メーカーが動作確認をしたi.LINK(TS)対応のDVDレコーダーやHDDビデオレコーダー機器と接続することで、HDDに録画した番組をダビングしたり、接続した機器に録画してある番組をダビングすることができます。i.LINK(TS)対応機器動作確認一覧はこちらよりご確認ください。
  2. ブルーレイディスク・HDD内蔵STBにはS端子、ピン端子の入力端子がありません。他の録画機器からブルーレイディスク・HDD内蔵STBにS端子、ピン端子経由でダビングすることはできませんのでご注意ください。

お問い合わせ

ページトップへ

Copyright©2006-2018 沖縄ケーブルネットワーク株式会社
ocnホームページ google ocnサイト検索

WWWを検索サイト内を検索
ご加入者様はこちらから ユーザーページへ
サイトマップ お問い合わせ 会社概要 English